« 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 | トップページ | ユーロ金利:水谷 »

2009年7月 2日 (木)

日本は大デフレになるのではないか

「日本は大デフレになるのではないか」

ただの勘である。

* 日本株だけ上がらない。

*短観の中小企業景況感の悪さ、設備投資、企業収益の下方修正

*自動車が案外売れていない、輸出が意外と伸びていない

*路線価の下落

*円高放置して借金で景気対策。国も個人も使えるお金がない

*機関投資家が増資するほどお金がない

*個人預金は膨大なるも国債にロックされていて使えない。使わないように将来の年金不安をかきたてる。年金の事務のミスは政府の作戦かも。不安なればさらに貯蓄する

*おそらく出てくるだろう日銀の病的な引き締めたがりや委員がデフレを加速

*OECDも昨日の日本のデフレ長期化を予測

*とにかく高い価格が多いのでいくらでも下がる余地あり。特に鎖国物価(公共料金、車検などが海外に比べて高い)

*高速料金を1000円にしたら米国やドイツでは暴動が起きるだろう。でも日本人は日本の高速や日本の公共料金しか選べない=これらがおそらく劇的に安くなってデフレを支える。今日はアウトバーンを、明日は米国のフリーウェーを使うからタダとはいかない苦しさ

*少子高齢化では内需は無い需。年寄りはメシは10杯も食べられない。やはり子供がいなければ無い需。

*エコポイント、地デジTV強制くらいでしかの浮揚策しかない

*アジア経済が一つになるなら日本の物価の低下、アジア諸国の物価上昇となって均衡点を探る。

さてデフレ対策ならキャッシュと手に職(キャッシュは外貨でもいいと思う。金利付きでも良し)

 など言ってたら、隣の女性に「野村さん、自分だけいい思いしても仕方ないじゃないですか、ダメになるときは一緒にダメになりましょう」と言われてしまった。そうかもしれない。

気楽に行こう。死なばもろとも。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 | トップページ | ユーロ金利:水谷 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は大デフレになるのではないか:

« 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 | トップページ | ユーロ金利:水谷 »