« 朝のユーロ円 | トップページ | お昼のポンド円 »

2009年7月28日 (火)

キャバクラ桃華絵里さん=米中戦略対話

「キャバクラ桃華絵里さんとパワーカップル=米中戦略対話」

海外のニュースを見ていると米中戦略対話の見出しが多い。

ただNYタイムズのビジネス覧華やかな日本のキャバクラ嬢の写真入り記事が掲載されていた。http://www.nytimes.com/2009/07/28/business/global/28hostess.html?_r=1&ref=business

NYタイムズが中国と日本の比較で出した記事ではないと思うが、日本の政局とG-2中心へ向かう世界経済を見ているとNYタイムズの意図もわかるような気がする。

私は田舎にいるのでキャバクラについてはまったく知識がなかったがNYタイムズで多くを今学んだ。以下はNYタイムズより、詳しくは直接原文をお読みください。

++++

「「不況で若い女性の就職先がなくなりキャバクラ嬢への就職人気が高まっているということだ。(日経新聞の学生の人気企業にはのっていなかった気がするが)、NYタイムズによれば高校生のアンケートでは40業種中12位だそうだ。高校生の就職先として抵抗感がない。

CELUXhttp://club-celux.com/)の「ミネリ ハヤシ」さんの誕生日にはビジネスマンが多く来店し600万円の売り上げがあった。

年収は10万ドルはたやすく、30万ドルのスターもいるそうだ。ただ一般的な時給は20ドルから16ドルへとこれも不況で低下中。一般のアルバイトの時給よりは割に合う仕事だ。

モモカさん=桃華絵里さんの写真とシンデレラストーリ掲載されている。キャバクラ嬢からモデル、また現在は実業家として活躍している。」」

今日はNYタイムズで日本の実体経済を学んだ。

|

« 朝のユーロ円 | トップページ | お昼のポンド円 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝のユーロ円 | トップページ | お昼のポンド円 »