« スイス円テク、スイス売り介入効く | トップページ | 豪ドル円テク、2月からの上昇ラインへ挑戦中 »

2009年7月 5日 (日)

豪ドルテク、七夕金利決定

「豪ドルテク、七夕金利決定」

1QGDPは世にも珍しいプラス成長だったが、5月の豪中銀の売り介入(おそらく6月も介入継続だろう)や米株価や資源価格の不冴えで豪ドルドルからもリスクマネーの利食いが入って若干の下落を見せている。

6月が団子天井となるか。雲も差し迫ってきている=0.78あたり。

クロス円や他のドル相場(NYタームス)同様に6月23日と29日を結んだ上昇ラインを下に切った。6月30日の上ヒゲも効いている。

ただ先週金曜日の短い陽線も逆カブセ風で気になるところだ。

移動平均線では5日が下向きかけている。ボリンジャーバンドは6月の膠着で狭くなっており下限が0.78半ば、上限が0.81後半。

対NZでは強い。7日の金利据置予想の影響か。

Ws000000 Ws000001 Ws000002

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« スイス円テク、スイス売り介入効く | トップページ | 豪ドル円テク、2月からの上昇ラインへ挑戦中 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドルテク、七夕金利決定:

« スイス円テク、スイス売り介入効く | トップページ | 豪ドル円テク、2月からの上昇ラインへ挑戦中 »