« 今日の焦点、中国GDP=8%への道 | トップページ | 朝のユーロ円、ダウ小幅下げ=時間外 »

2009年7月16日 (木)

朝のドル円、盛り上がってきた

「朝のドル円、盛り上がってきた」

昨夜から注文が盛り上がってきている。7月8日の3円下げから注文は激減していたが、元に戻ってきた。注文不在の際はチャートが4連続下ヒゲを出してヒントを与えてくれていた。

上昇しているが下落のリスクは7月13日からの急な上げトレンドラインの下抜けである。

さていつもの上がった後の朝のようにドル円はやや売りが多いがあ、これを朝の実需のドル買いとの攻防となる。もちろん午前11時の中国2QGDPの発表は楽しく緊張したい。

売りは94.35から小さく、94.50が大となる。それ以上は中程度の売りとなる。

買いは、朝からわりと入っている。94.05ー94.00が中。

それ以降は93.80-75も中。

損切りは売り買い両方あり。ポジションもロングもショートもありということ。

損切りの買いは94.50、94.60で小、損切りの売りは94.0以下小が続く。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今日の焦点、中国GDP=8%への道 | トップページ | 朝のユーロ円、ダウ小幅下げ=時間外 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のドル円、盛り上がってきた:

« 今日の焦点、中国GDP=8%への道 | トップページ | 朝のユーロ円、ダウ小幅下げ=時間外 »