« カナダ円テク、金利決定後のコメント注目 | トップページ | ランド円テクニカル »

2009年7月19日 (日)

ドルランドテクニカル

Ws000043 「ドルランドテクニカル」

予想外の金利据置後の労働者の反発(ストライキ)でドルランドは上昇していた。WーCUPスタジアム建設労働者もストに入ったことは不安材料であった。

しかし先週でスタジアムのストライキは終了し、他も賃金交渉居が妥結し始めている。

それと相場が呼応しているとは言いすぎであるが、一目の雲の中まで上昇していたドルランドが雲の下に出てきた。

5日線も反転下落している。先週金曜は上ヒゲも残し売り圧力も示している。ボリンジャーバンドでも下限から上限へ反発して現在は中央まで下げてきている。

政策金利決定は8月13日、7月29日は6月CPI。

Ws000044

Ws000045

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« カナダ円テク、金利決定後のコメント注目 | トップページ | ランド円テクニカル »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルランドテクニカル:

« カナダ円テク、金利決定後のコメント注目 | トップページ | ランド円テクニカル »