« 入門、相場、先物2 | トップページ | 米国移民の為に貢献する元東銀OB »

2009年7月13日 (月)

夜はこれから

「夜はこれから」

今週は米国決算&中国指標週間。朝方ゴールドマンサックスの決算良好の噂が出た。中国本土株は小動き。NY時間外はアジアでは安かった。

日本の衆院選挙は8月30日となるようだが、おそらくプラスとなる日本の2QGDP発表を見て実績を示したいのだろう。ただその時点で株価が崩壊、円高が進めば目もあてられない。

今夜の決算はチャールズシュワブ、ノベラスシステムズなど。

トリシェ総裁が出口戦略語るか、あまり強気になると株価によくない。

ガイトナー長官は中国に続き、米債セースで中東へ向かうのだろう。

*株がこれだけ弱くなってくるとタイソン大統領顧問が主張した景気対策第二弾も必要となってくる。

*オバマ米政権は、中小企業への追加支援策の検討を進めているようだ。金融安定化法に基づく7000億ドルの資金を活用する可能性もある。

18   月例経済報告
19   トリシェ総裁講演
22   ガイトナー財務長官訪英仏中東
3    米 6月月次財政収支

 
講演=ガイトナー財務長官、トリシェ総裁官
決算=   チャールズシュワブ、ノベラスシステムズ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 入門、相場、先物2 | トップページ | 米国移民の為に貢献する元東銀OB »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« 入門、相場、先物2 | トップページ | 米国移民の為に貢献する元東銀OB »