« スイス円テク、上昇中だが金曜伸び悩み | トップページ | 豪ドル円テクニカル »

2009年7月26日 (日)

豪ドルドル、ゆっくり回復

「豪ドルドルテクニカル、ゆっくり回復」

 7月8日から世界景気の回復の兆し、豪ドル金利の据置思惑で豪ドルが買われている。今週は景気先行指数、中銀総裁講演、住宅建設許可を住宅価格指数、NZの金利決定を経て8月4日の豪中銀の金利決定となる。

 政府や中銀も世界的な回復の流れの中で自国だけ取り残されている発言をすると国内の政治基盤が揺らぐのである程度は強気な発言となろう。

 やはり回復=昨夏のレベルに戻るということではないだろうか、ゆっくりじっくり。

また今週は本邦の外貨投信の設定が多く、豪ドル絡みも多い。

 上の抵抗は6月につけた0.8261だろう。7月13日と20日の上昇ラインは下に切ったが、21、22日の下ヒゲが効いておりすんなりとは下がらない。5日、21日移動平均線も上向いている。

 ボリンジャーバンドの上限にあることは上値を抑えている面がある。

Ws000023 Ws000024 Ws000025

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« スイス円テク、上昇中だが金曜伸び悩み | トップページ | 豪ドル円テクニカル »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドルドル、ゆっくり回復:

« スイス円テク、上昇中だが金曜伸び悩み | トップページ | 豪ドル円テクニカル »