« 今日の焦点、都議選後の株価、トリシェ総裁、ガイトナー長官 | トップページ | 朝のユーロ円、130でちょっと売り増える »

2009年7月13日 (月)

ドル円注文、米好決算思惑で円売り

「朝のドル円注文、米好決算思惑で円売り」

 日経平均の上昇と米銀決算が良好ではないかとの憶測でドル円、クロス円が買い戻されている。今週は米国主要金融機関の決算と中国の2QGDPなどの指標がある。

ID為替リポートにも書いたように米金融機関と中国は全市場の重要注目項目だ。

さて株価とともに動く円相場(株が上がれば円安、株が下がれば円高という素直な私にとってはやっかいな相場だが)。

注文は売り買い両方あり、損切りも売り買い両方ありだ

この傾向は7月8日以降続いている。それゆえに行ったり来たり。どこかで歪みがないと相場は動かない。私は歪み捜索隊のようなもの。

売りは92.70以上で10銭刻みで小から中。大きな売りはまだない。

買いは92.60以下小さいものが続く。

損切りの買いは93.0と93.15に少々、

損切りの買いは92.55、92.30、92.25で少々。

市場はまだ慎重であり堅い。皆が油断しないと動かない。

歪みと油断。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今日の焦点、都議選後の株価、トリシェ総裁、ガイトナー長官 | トップページ | 朝のユーロ円、130でちょっと売り増える »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円注文、米好決算思惑で円売り:

« 今日の焦点、都議選後の株価、トリシェ総裁、ガイトナー長官 | トップページ | 朝のユーロ円、130でちょっと売り増える »