« ユーロポンドテク、スイス中銀も変動要因 | トップページ | 「豪ドルNZドルテク、1.25-1.30レンジ守る »

2009年7月 6日 (月)

ユーロスイステク、これがスイス流、中銀消えれば弱い

「ユーロスイステク、これがスイス流、中銀消えれば弱い」

なかなか見事な面白いチャートである。

介入が入ったと見られる6月24日は同じく介入が入った3月12日ほどの上昇ではないが1.50から1.53へ上昇した。ただ介入の手綱を緩めるとズルズルと下がってしまう。

 介入でボリンジャーバンド上限も超えたが程なくレンジ内へ戻ってきている。

政策相場なのでこれはもう介入が出そうな時に共に買って、それに乗り遅れたら伸びた時に山勘で売るしかない。それもまた面白いのだが、あまり大金を賭けることも出来ないだろう。趣味の範囲である。

でもいくら売り介入をしてもスイスは好かれている。

日本と違ってスイスは通貨ユーロに加盟できる要件は整っているはず。

無駄な介入せず、ユーロと固定相場となれるのにやらないのがスイス流。

Ws000012 Ws000013 Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロポンドテク、スイス中銀も変動要因 | トップページ | 「豪ドルNZドルテク、1.25-1.30レンジ守る »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロスイステク、これがスイス流、中銀消えれば弱い:

« ユーロポンドテク、スイス中銀も変動要因 | トップページ | 「豪ドルNZドルテク、1.25-1.30レンジ守る »