« 豪中銀、6月も売り介入 | トップページ | お昼のポンド円、GDP控え »

2009年7月21日 (火)

朝のユーロ円、厚い売りが押し下げた

「朝のユーロ円、厚い売りが押し下げた」

現在は売りはほとんどない。134.0に小。

買いは133.20で中(ダン?)、133.0.132.50も中

損切りは軽いものだけ。

やはり昨夜のドル円同様、大きな売りが押し下げてしまった。134台になればまた売り動意となるだろう。

「取敢えず売りが多かった昨夜の注文状況」 ↓

「夜のユーロ円」7月20日夜投稿分

ユーロ円もドル円同様売りが増えてきている。

チャートの形もドル円と同じ。

それでも下がりにくいとしたら外貨投信設定を前もって買っているのだろうか。

売りは134.50-60が中、134.70から135までは10銭刻みで大。

買いは134.0で中、133.80、60、50も中。他は小さい。

損切りの買いは134.30以上で小さいものだけ。

損切りの売りは134.00、133.70で中。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪中銀、6月も売り介入 | トップページ | お昼のポンド円、GDP控え »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29117/45694985

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のユーロ円、厚い売りが押し下げた:

« 豪中銀、6月も売り介入 | トップページ | お昼のポンド円、GDP控え »