« 午後のランド円、12.20-30現在 | トップページ | 中国副首相もYES、WE、CAN 、是的,我們可以 ! »

2009年7月28日 (火)

世界共通出口は近い、電撃声明で一斉脱出か

「世界共通出口は近い、電撃声明で一斉脱出か」

昨年から始まった世界協調資金供給から世界の中銀間の風通しは良く、密接に連携していると思われる。資金供給にはG-8、G-20のみならずニュージーランドやアジア諸国などG-20にも属していない国も加わった。

 どちらかを買えばどちらかが売りとなる為替相場と違って金利については世界で同じ方向の政策がとれるので協調しやすい。

最近ではNZボラード総裁が7月14日「、ニュージーランド経済は他国に先駆けてリセッションから回復することが可能」、

本日は豪中銀スティーブンス総裁が「豪州経済が半年前のRBAの予想よりも早期に回復する可能性がある」との認識を示し早く穴から出たい気持ちを表している。

 どこの国も出口を模索し始めている。ただ同時に出口へ向かって出ていかないと残されて金融緩和している国は市場で打撃を受けるだろう。あの国ダメになってしまう落ちこぼれだとか言われてしまう。

最初の協調資金介入のように電撃的に声明が出されるかもしれない。

一応、緊急協調出口声明も頭に入れたい(緊急性はないか)。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 午後のランド円、12.20-30現在 | トップページ | 中国副首相もYES、WE、CAN 、是的,我們可以 ! »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界共通出口は近い、電撃声明で一斉脱出か:

« 午後のランド円、12.20-30現在 | トップページ | 中国副首相もYES、WE、CAN 、是的,我們可以 ! »