« 米国移民の為に貢献する元東銀OB | トップページ | 夜のユーロ円 »

2009年7月13日 (月)

夜のドル円

「夜のドル円」

朝は休み明けのドル需要で始まり、92.95まで上昇、その後93.20や93.0に売りが増えると下落し始めた(10時58分投稿分)。日本株の下落でさらにドル円は下落したが、欧州株の上昇、NY株の上昇で戻した(NY株は現在小動き)。

 いろいろ追っていかなければならない。それも面白い。

ドル円はこれで4日目だが下ヒゲが出る、下がったら買いの動意あり。

さて注文はやや買いが多い。

売りは92.40以上小さいものが続く。どこかで大きいものはない。朝は93.0、93.20に中以上の売りがあった。

買いは92.15以下5銭刻みで中程度のものあり。

損切りは若干買いが多い。92.35-40や92.70と92.80

損切りの売りは92.20以下小さいものが続く。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 米国移民の為に貢献する元東銀OB | トップページ | 夜のユーロ円 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のドル円:

« 米国移民の為に貢献する元東銀OB | トップページ | 夜のユーロ円 »