« 中国指標発表前に、桁違い | トップページ | 朝のユーロ円、やや売り動意 »

2009年7月17日 (金)

朝のドル円、休み前ドル需要

「朝のドル円、休み前ドル需要」

4連休前でドル需要多いか、外貨投信も大和住銀投信投資顧問 エマージング・ボンドがある。

 昨日の注文の売りが94.40、買いが93.80と93.50を基調として動いている。

4連続下ヒゲで持ち上げたが、7月13日の上昇ラインが急すぎたの一旦調整で下に切った。それは昨日の94半ばの売りが増えていったので確認もできた。

 ただ昨日も陰線ながらも長い下ヒゲで下がったら買いの方もいることを示した。

売りは93.90-93.95で中、94.0で大。それ以上も中程度が続く。

買いは昨日ほどの大きさではないが93.50以下中程度が続く。損切りはない。まだ

市場は慎重にポジションをとっているようだ。金額的には売り買い

拮抗だが、朝は実需ドル買いで底堅さを示している。

まもなく中国、でもかなりいい数字が出て当たり前なのだろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 中国指標発表前に、桁違い | トップページ | 朝のユーロ円、やや売り動意 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29117/45655478

この記事へのトラックバック一覧です: 朝のドル円、休み前ドル需要:

« 中国指標発表前に、桁違い | トップページ | 朝のユーロ円、やや売り動意 »