« 日本は大デフレになるのではないか | トップページ | 新型準備通貨の話は軽くあしらおう »

2009年7月 2日 (木)

ユーロ金利:水谷

ECB定例理事会を直前にして、金利先物市場では特に目立った動きはないようです。

Euriborjuly2 現在3月限は98.73(金利バース)で1.27%. 政策金利を0.25%上回って取引される先物(3か月物)は、政策金利に引き直すと1.02%とほぼ一致する水準です。消費者物価指数のマイナス数字から政策金利据え置き、そして資金供給策ではカバードボンド(600億ユーロ規模)購入の効果の見極めが理事会の議論でしょう。トリシェ総裁記者会見は、今回は目立った発言もなさそうです。

去年のこの時期の定例理事会では4.50%の政策金利を0.25%引き下げ4.25%にしたことからECBの政策金利の低金利誘導が始まり、ユーロ安の大相場になりました。今年はちょっと期待外れに終わる可能性が強い。その分、米雇用統計に注力ですね。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日本は大デフレになるのではないか | トップページ | 新型準備通貨の話は軽くあしらおう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本は大デフレになるのではないか | トップページ | 新型準備通貨の話は軽くあしらおう »