« お昼の豪ドル円、トヨタの起債は? | トップページ | お昼のランド円 »

2009年7月15日 (水)

お昼のNZドル円、NZ首脳陽気に

「お昼のNZドル円、NZ首脳陽気に、ウチラ陽気なかしまし首脳」

トヨタの豪ドル起債と相場の関係は先ほどの「豪ドル円注文」を参照願度。

昨日、ボラード中銀総裁は「NZが一早く景気回復する」に始まり、今朝はキー元ディーラー首相が「リセッションからの脱却が始まっている」と声を合わせた。

ただ為替担当のイングリッシュ財務相は「NZドルはファンファメンタルズより高い」と発言したので注意しい。ただ実際問題、景気回復しながらNZ安を進めるのは難しいだろう(日本はそれがうまいが、逆の景気後退円高のパターンが多い)。

 チャートは他のクロス円と同様、4連続下ヒゲの上昇。

みな同じパターンだと面白くないし、リスク分散もやりにくい。

注文は売りが勝る。

売りは60.0の小からで、60.50が中、その間も、それ以上も小さい売りがある

買いは59.80以下小さいものが続く。

損切りはなし。7月30日には金利据置予想が強い。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« お昼の豪ドル円、トヨタの起債は? | トップページ | お昼のランド円 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お昼のNZドル円、NZ首脳陽気に:

« お昼の豪ドル円、トヨタの起債は? | トップページ | お昼のランド円 »