« ユーロスイステク、これがスイス流、中銀消えれば弱い | トップページ | 日米両国の株式市場調整について考える »

2009年7月 6日 (月)

「豪ドルNZドルテク、1.25-1.30レンジ守る

「豪ドルNZドルテク、1.25-1.30レンジ守る」

ほぼ1.25-1.30で行ったり来たりである。ボリンジャーバンドにもそれがよく表れている。

豪は昨秋0.60-0.63買った買った豪ドルを売っている。NZは首相、財務相、中銀がNZ高をけん制している。景気では住宅が回復しているが主要輸出産品の乳製品の価格が下落しているのでせめてNZ安で相殺したいことが要人のNZ高けん制となっている。

 現在はボリンジャーバンドの中位より上にいる。5日移動平均線は6月30日より上昇している。

 今週は豪中銀の政策金利決定がある。据置予想だが、その後の中銀声明に素直に反応するだろう。Ws000015 Ws000016 Ws000017

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロスイステク、これがスイス流、中銀消えれば弱い | トップページ | 日米両国の株式市場調整について考える »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「豪ドルNZドルテク、1.25-1.30レンジ守る:

« ユーロスイステク、これがスイス流、中銀消えれば弱い | トップページ | 日米両国の株式市場調整について考える »