« 夜はこれから、IMF見通し、中国上方修正か | トップページ | 夜のドル円、昨夜と違うところ »

2009年7月 7日 (火)

M=注文を置かないディーラーだった、あるものを叩く

「M=注文を置かないディーラーだった、あるものを叩く」

現役の頃はあまり注文を置かないディーラーであった。

上がると思えばマイン、下がると思えばユアーズで、ダメならドテンで倍にしてユアーズかドテンでマインであった。

 要はせっかちであった。注文を置く悠長なことはやっていなかった。どうせ上がるならすぐ買えばいいじゃないか、どうせ下がるならすぐ売る。

売買幅を損をしていたが行く時には行く。

何故そうせっかちなのかというとそれはNYで為替を始めたからだろう。荒い相場、時には売りたいときにビッドなし、買いたい時にオファーなしとなるのである時に勝負しておかないといけない市場だったからだ。

 もし東京で為替を始めていれば「侘び寂び」の雰囲気で気長にビッドやオファーを叩かれるのを待っていただろう。攻めるNY、守る東京。SM(S=攻める、M=守る、逆か)。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜はこれから、IMF見通し、中国上方修正か | トップページ | 夜のドル円、昨夜と違うところ »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M=注文を置かないディーラーだった、あるものを叩く:

« 夜はこれから、IMF見通し、中国上方修正か | トップページ | 夜のドル円、昨夜と違うところ »