« ユーロ円、132.50以下 買い動意 | トップページ | お昼の豪ドル円、奇妙な76.0 »

2009年7月22日 (水)

朝のポンド円、今日は議事録、明日は小売、そしてGDPは金曜

「朝のポンド円、今日は議事録、明日は小売、そしてGDPは金曜」

今回はポンドドルがボリンジャーバンドの上限から素直に下落し始めている。もともとポンドのボリンジャーバンドは最近極めてそのレンジが狭く、ワイルドなイメージがなくなっている。

 本日は英中銀議事録、明日は6月小売売上、そして24日の2QGDPとなる。

最近露出度が高いビ-ン英中銀副総裁の発言もニュートラルから若干出口政策への含みも感じられる。猫も杓子も出口模索である。

さてポンド円の現状というとそれほど偏りはない

売りは153.80から155まで中程度の売りが続く。

買いは153.0が中以上。152.0も中。その間は小から中。

損切りは小さいものだけ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロ円、132.50以下 買い動意 | トップページ | お昼の豪ドル円、奇妙な76.0 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のポンド円、今日は議事録、明日は小売、そしてGDPは金曜:

« ユーロ円、132.50以下 買い動意 | トップページ | お昼の豪ドル円、奇妙な76.0 »