« 午後のランド円注文 | トップページ | ジンバブエだって景気回復 »

2009年7月14日 (火)

中国の為替が動きだす、FXも

「中国の為替が動きだす、FXも」

最近中国の為替政策の変更のニュースを目にするようになってきた。

人民銀行は人民元による貿易決済を、中国本土の上海市や広東省4都市と香港、東南アジア諸国連合(ASEAN)で試験的に実施することを承認した。

中国国家外為管理局(SAFE)は、外資系を含む国内の銀行に海外の企業が外国為替口座を開設する際、8月1日から規制当局の許可を不要とすると発表した。  これにより、海外企業による中国での外貨資産管理が容易になる(ロイター)。

 中国も人民元の国際化へゆっくりと進んでいっているのだろう。

日本も1980年代は外貨為替取引の実需原則撤廃を始め、米国の要求で規制が次から次へと撤廃されていた。実需でない現在のFXのような投機は御法度であった。

 銀行間の直接取引も禁止、海外のブローカーとの取引も禁止であった。為替取引は9時から15時に限られていた。私もよく知らないが古き良きのんびりした時代であった。3時で1日は終了であった。朝は9時から。時間をもてあまし手数料も高かった。

 中国は現在FXは認められいないが、この規制撤廃の流れからしてFXも認められる日がくるだろう。

 4年ほど前に北京でFXの講演を行ったが1300人も参加していただいたのである。FXはなくとも外貨預金で投機をしていたのであった。邦銀とは違い南アランドで50%の手数料をとるような阿漕なまねはしないので外貨預金でも投機出来たのであった。

とにかく株の実態からわかるように中国の方は相場が好きなのだ。

日本FXの会社も中国進出を狙うところが出てくるだろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 午後のランド円注文 | トップページ | ジンバブエだって景気回復 »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の為替が動きだす、FXも:

« 午後のランド円注文 | トップページ | ジンバブエだって景気回復 »