« 夜のランド円 | トップページ | 先ずは数字、指標はマチマチだが消費者信頼感の下げを注目 »

2009年7月29日 (水)

入門、ユーロ8、金融資本市場

「入門、ユーロ8、金融資本市場」

ユーロと金融資本市場
 *外貨準備の割合  ロシア東欧でもユーロ利用拡大
 *ユーロ圏の広がり27カ国 *通貨圏
 *ユーロ建て国債の流通規模1.9兆ドルと米国債の規模2.1兆ドル
 *株式債券市場、英仏独で東証の2倍

*ライバルのロンドン市場
 メリットインフラ、弁護士会計事務所、英語、情報通信のインフラ、

シティー人口70万=フランクフルト市の人口、多くの欧州銀行の本部はロンドン、86年のビッグバン(サッチャー)規制緩和、手数料自由化、ウィンブルドン現象 ロンドンの投資銀行が海外から買収される
 従業員の国籍50から60

欧州取引所の統合
 *銀行業務
 為替業務の減少

 *金融機関の再編 競争激化、ドイツの金融機関がドイツで預金を集め、フランスで貸し出し 資産運用。 スイスUBS、BNPパリバ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜のランド円 | トップページ | 先ずは数字、指標はマチマチだが消費者信頼感の下げを注目 »

外為入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入門、ユーロ8、金融資本市場:

« 夜のランド円 | トップページ | 先ずは数字、指標はマチマチだが消費者信頼感の下げを注目 »