« お昼のポンド円、虫眼鏡 | トップページ | ジンバブエにムズムズしてきた »

2009年7月31日 (金)

昼の豪ドル円、7月足陽線

「昼の豪ドル円、7月足陽線」

 7月は陽線で終わりそうだ(NYで77円以下にならない限り)。下ヒゲも現時点で7円あり実体の5,6倍もある。来月にこれが繋がるか。

豪ドルが強かったのも以下の政府主要人物の発言があったからだ。

7/7 豪中銀 豪経済状況、数カ月前の予想ほど弱くない
7/14 スワン財務相 アジア経済を楽観視している、商品需要は大幅に増える
7/27 ラッド首相 スムーズな金融緩和からの出口政策を考えるべきだ

1QGDPはプラス、日本の豪ドル外貨投信も上昇に寄与しただろう。株価も堅調であった。

売りが多いのだが、珍しく損切りの買いも多い。

売りは70.20、25で小、79.30と50が大、50のほうが大きい。

買いは79.75まで小が続き、78.70が中、78.50が大。

損切りの買いは79.30と50で中程度、その周辺も小あり。

損切りの売りは78.60、50に小。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« お昼のポンド円、虫眼鏡 | トップページ | ジンバブエにムズムズしてきた »

為替09年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼の豪ドル円、7月足陽線:

« お昼のポンド円、虫眼鏡 | トップページ | ジンバブエにムズムズしてきた »