« この一冊、名古屋学」岩中祥史、新潮文庫 | トップページ | ユーロドルテク、講演合戦の中で »

2009年6月21日 (日)

ドル円テク、充実、短観と景気予測調査以外も

「ドル円テクニカル、短観と景気予測調査以外も充実」

図の様にトレンドラインを何本か引いてみた。先週月曜は上昇ラインを下に切って下落、木曜は下降ラインを上抜いた。月曜が先週の木金の上昇ラインを下抜いてシドニーがオープンするかどうか。そうなると5月22日と6月1日を結んだ上昇ラインが95.80で破れる。

 その下のサポートはボリンジャーバンド下限の94.0となる。

先週金曜日のロ-ソク足はやや上ヒゲが長いので売り圧力はある。

売り圧力は注文情報で13日(土)から厚かった98.50以上、先週金曜の97以上が効いている。それが上のポイントとなる。

一目均衡表の雲の上に出ることが出来ないか。5日移動平均線は下向いたままだ。

行事は法人企業予測調査(=短観)ー貿易統計ー日銀総裁講演ーFOMC-日本の雇用統計ー日銀短観となる。その後米国雇用統計を経て、欧州豪州の政策金利、日本の景気動向指数、機械受注、鉱工業生産、そして7月15日の日銀政策決定会合となる。

 なかなかやりがいのあるスケジュールだ。Ws000000 Ws000001 Ws000002 Ws000003


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« この一冊、名古屋学」岩中祥史、新潮文庫 | トップページ | ユーロドルテク、講演合戦の中で »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円テク、充実、短観と景気予測調査以外も:

« この一冊、名古屋学」岩中祥史、新潮文庫 | トップページ | ユーロドルテク、講演合戦の中で »