« 入門、中東で土日の為替をやりたい | トップページ | スイスまで中国に言及、火の車など »

2009年6月 4日 (木)

夜はこれから

「夜はこれから」

オバマ大統領のカイロ大学での演説は、北朝鮮での米国人記者の裁判は?

BOE,ECB、BOC(カナダ中銀)と政策金利決定。どこも据置予想であったが、決定後のコメントが前向きなものになるかどうか、あるいはさらなる量的緩和策継続か。

*英国は与党議員が続々と不正経費問題で辞任、ブラウン首相にも辞任要求がつきつけられている

米国は失業保険申請とバーナンキ議長講演がある。景気回復の兆しはあるが失業率はまだ悪化するということだろう。FRB高官は雇用を除けば景気は回復方向へ、インフレ懸念もという意見がある=但しFRBの目標は物価の安定と雇用である。他国の中銀は雇用が目標に入っていない。

アジアでのNY株取引は若干下げであった。

トヨタは米国で6-8月増産計画、市場底打ちと判断。

++++

20   BOE政策金利、ECB理事会
21   ECB記者会見、米1Q非農業部門労働生産性、加 住宅建設許可、米失業保険
22   加 政策金利
23   加5月Ivey購買部協会指数

講演   バーナンキ議長、クリーブランド&NY連銀総裁、米連銀とJMCB共催金融会合
 
  決算 シェナ

*明日は米国雇用統計で相当悪いものも想定しておきたい。日本はゴトビで金曜。トリシェ総裁の講演もあり。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 入門、中東で土日の為替をやりたい | トップページ | スイスまで中国に言及、火の車など »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« 入門、中東で土日の為替をやりたい | トップページ | スイスまで中国に言及、火の車など »