« ドル円速報と変わらず、さてユーロ円は | トップページ | 今日もオーソドックスなドル円の動き »

2009年6月 4日 (木)

ポンド円とブラウン首相辞任要求

「ポンド円とブラウン首相辞任要求」

昨日は前半は快調に飛ばしたが、後半はアジアのドル基軸通貨確認宣言もあり反落。

数週間前から話題になっている内閣や議員の不正経費請求(日本も自民党で最近熱海旅行議員の話があったが)でボロボロと議員が辞任するので、ついでにブラウン首相も辞任したらという意見が与党労働党でも盛り上がっている(1日で5人労働党議員が辞めた日もあった)。

売りは157.40以上158へ中程度、買いは155後半までは小さく、155.60以下が中、155.0で漸く大きくなる。

損切りは売り買いほぼ同じで小さいものだけ。損切りの売りは157.20以上

損切りの買いは156.0以下。

英国の政治の話は日本にはすぐには伝わってこないので注意してください。日本語同時通訳のあるBBCでも見て雰囲気を感じとるのもいいでしょう。

対ユーロではポンドは下落。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円速報と変わらず、さてユーロ円は | トップページ | 今日もオーソドックスなドル円の動き »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド円とブラウン首相辞任要求:

« ドル円速報と変わらず、さてユーロ円は | トップページ | 今日もオーソドックスなドル円の動き »