« 豪州雇用統計、豚インフルエンザなどなど:津田 | トップページ | 昼下がりのポンド円 »

2009年6月11日 (木)

お昼のユーロ円

「お昼のユーロ円」

こんなにもみ合っていいのかと思うくらいいくらいもみ合っている。

資源国通貨とポンド高に連れる部分とラトビアの経済危機問題が綱引き(ラトビアが時間をかければ解決する気がするが)。途上国の建て直しはノウハウがある。

ユーロ関係は今夜はECBの月例報告がある。

もみ合いの中、5日移動平均線は上昇中。ボリンジャーバンドでは上位で膠着。

注文はぱっと見ると売りやや多し。

137.50から138位以上まで中からやや大きめの売りがある。138.0と138.20がやや大きい

買いは137.10からで小から中。売りよりやや少ないボリュームだ。

損切りの売り買いはない。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪州雇用統計、豚インフルエンザなどなど:津田 | トップページ | 昼下がりのポンド円 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お昼のユーロ円:

« 豪州雇用統計、豚インフルエンザなどなど:津田 | トップページ | 昼下がりのポンド円 »