« 南アランド円注文 | トップページ | ドルインデックス:水谷 »

2009年6月15日 (月)

因縁のオバマ、ベルルスコーニ会談

「因縁のオバマ、ベルルスコーニ会談」

まさに愉快なイタリアンのベルルスコーニ首相とオバマ大統領が本日会談する。

G-8議長のベルルスコーニ首相と7月のサミットの打ち合わせのようだ。

何か為替に影響する発言が出るのだろうか

それともいつものようにベル首相の失言が出るのだろうか。

*「オバマ大統領は日焼けしたいい男」

*「イタリアで多発するレイプ事件に関して、対策を議会から求められたとき『イタリアには可愛らしい女の子がたくさんいるから、レイプをなくすことは無理だ』と発言した。また批判に関しては、『イタリア人女性を褒めただけ』と述べた。

*フランスのニコラ・サルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニがイタリア系である事を挙げ、サルコジに対し「あなたの妻は私があげた」と発言した。ベルルスコーニと極めて親しい関係にあるサルコジも、さすがに不愉快そうな表情になったと言う。

元ACミラン会長。失言はこれだけ、いやこんなものではないようだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南アランド円注文 | トップページ | ドルインデックス:水谷 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 因縁のオバマ、ベルルスコーニ会談:

« 南アランド円注文 | トップページ | ドルインデックス:水谷 »