« 中国‐民間企業の悲鳴が聞こえそう:竜河 | トップページ | 夜のユーロ円 »

2009年6月 9日 (火)

夜のドル円

「夜のドル円」

一目の雲に入り、また6月1日と6月3日を結んだ上昇ラインに近づいてきた。

売りは98.0に大きものがあるが、97.70から97.95までは少ない

買いは97.50が大きい。だから取り敢えず97.51で止まったのだろう。

97.50以下は中程度の買いが続く。

損切りは売り買い同じ程度入っていて買いは97.90、売りは97.50で中程度。

 まだ明日のことをいうと鬼が笑うが、明日からは中国の指標が多く出る。

ゴトビ、明日の夜は米国貿易収支

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 中国‐民間企業の悲鳴が聞こえそう:竜河 | トップページ | 夜のユーロ円 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜のドル円:

« 中国‐民間企業の悲鳴が聞こえそう:竜河 | トップページ | 夜のユーロ円 »