« ドルインデックス:水谷 | トップページ | 豪インフレ指標低下 »

2009年6月 1日 (月)

証券会社はアフターケアもやろう

「証券会社はアフターケアもやろう」

1月より外貨投信や外貨債券の販売が好調だ。

証券会社も売りっ放しにして手数料だけ稼げば、後は野となれ山となれ方針ではなく

日本人に使いやすい外貨の通販でもアレンジして円安なら円に換える、円高なら日本より価格の安い商品を外貨でそのまま購入できるようになれば為替差損はあまり気にならない。

どこかの証券会社が宣伝していたように「鬼に金棒」である。

 ただこれは日本の物価が異常に高いという状況の下で成り立つものだ。でもやっぱりいつまでたっても日本は高いから心配ないか。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドルインデックス:水谷 | トップページ | 豪インフレ指標低下 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 証券会社はアフターケアもやろう:

« ドルインデックス:水谷 | トップページ | 豪インフレ指標低下 »