« 香港と中国が人民元決済、その影響 | トップページ | 基本動作 »

2009年6月30日 (火)

上がったらどうする、下がったらどうする

「上がったらどうする、下がったらどうする」

相場が思わぬ方向へ動いてから悩まことなく

動く前に悩んで

上がったらこうするとか下がったらどうするとか前もって想定している。

これは伊藤元重教授の言葉をヒントにしている。別に為替ディーラーに言ったものでなく実需の方へのアドバイスだと思う。「為替相場はわからないので輸出業者は円高になったらどのような行動をすればいいかと、逆に輸入業者は円安になったらどうするかを考えるべきだ」

高名な教授でも相場の行方がわからないというなら、我々も相場感にかかわらないマナーマネージメントを充実すべきなのだろう。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 香港と中国が人民元決済、その影響 | トップページ | 基本動作 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上がったらどうする、下がったらどうする:

« 香港と中国が人民元決済、その影響 | トップページ | 基本動作 »