« 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 | トップページ | ドルインデックス:水谷 »

2009年6月29日 (月)

英国イラン対立深刻

「英国イラン対立深刻」

イランの治安当局がテヘランにあるイギリス大使館の現地スタッフを拘束した。イラン政府は、イギリス大使館が大統領選挙のやり直しを求める改革派の抗議デモにスタッフを送り込み暴徒をあおったなどと非難している。

イランは、イギリスが大使館スタッフの拘束を非難し、解放を求めたことについて「イギリスは現実を受け入れ、むだな行動を続けないほうが賢明だ」と述べ、対決姿勢を示している。

早朝はポンド相場への大きな動きはなかった。先週NY終値1.6520から1.6492まで下落していた。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 | トップページ | ドルインデックス:水谷 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国イラン対立深刻:

« 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 | トップページ | ドルインデックス:水谷 »