« 休みのドル円と一言 | トップページ | 休みのポンド円と一言 »

2009年6月 6日 (土)

休みのユーロ円と一言

「休みのユーロ円と一言」

来週は指標が少ない。指標よりも講演、発言が多くなりそうだ。

ユーロドルは今週の週足では陰線となったが、ユーロ円は陽線となった。いろいろラトビアとか金融問題が米国よりも深刻といわれながらも円よりは強かった。

 日本は自覚のない弱さがある。円はボロクソに叩かれたブラウンポンドよりも弱かった。サブプライムの時の株のようだ。あの時は日本株がサブプライム主役の米株を押しのけて下落した。でも自覚していないからのんきなものだった。

 それで注文はというと何もない。

強いていえば138.60に少々の売り。それ以外は何も言えない。

ECB月報と利下げしたそうなゴンちゃん(ゴンザレスパラモECB理事)やトリシェ総裁の講演がある。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 休みのドル円と一言 | トップページ | 休みのポンド円と一言 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休みのユーロ円と一言:

« 休みのドル円と一言 | トップページ | 休みのポンド円と一言 »