« 朝のユーロ円注文 | トップページ | お昼のポンド円注文 »

2009年6月17日 (水)

しつこいNZ中銀、エビちゃん、ゼスプリ

「しつこいNZ中銀、ゼスプリ買ってるのに、エビちゃん」

NZ中銀総裁、副総裁が何度もNZ高をけん制している。今日もNZ高がNZ景気回復を抑制していると発言。2006年からの高値が0.8212、安値が0.4894であり現在は0.6290とほぼその中間で心地よいレベルという感じがするが、中銀のボラちゃんもスペちゃんも嫌らしい。

 世界中不景気なのでスイスを始め自国通貨安を望む国は多い。通貨切り下げ競争にしない議論はG-7でも行われていた。

 スイスで言えば時計などの精密機械工業、NZは酪農業を支援したいところ。中国は増値税の還付率引き上げで輸出業者を支援している。

 日本は言われるまま240円から79円まで円高にしてきた我慢の国である。

でもエビちゃんが宣伝しているゼスプリはNZでは1個10円を日本で100円で買ってあげているのにそれでも不満なのだろうか。ゼスプリのNZ相場(購買力)は1NZドル=600円である。

10円と100円の差額90円がNZの酪農業者に入っていればNZは不満はないだろうが、どこに90円は消えてしまっているのだろうか。

このような差額は最近話題になっている郵便料金の問題と同じようだ(普通郵便は120円だが障害者用が8円ということを悪用した事件)。日本の消費者はなんで高いものを掴まされても我慢しているのだろうか。輸出も消費者も我慢我慢。我慢が美徳の国。文句を言った鳩は鳩舎を出されてしまった。


野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のユーロ円注文 | トップページ | お昼のポンド円注文 »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しつこいNZ中銀、エビちゃん、ゼスプリ:

« 朝のユーロ円注文 | トップページ | お昼のポンド円注文 »