« お昼の豪ドル円、悲観的な財務相と中銀総裁 | トップページ | まもなく北朝鮮で裁判開始(米国人記者の) »

2009年6月 4日 (木)

昼下がりNZドル円、昼上がりがいいか

「昼さがりのNZドル円、昼上がりがいいか」

昼下がりといっても下がっているわけではない。いや若干下がっているか

昨日は豪ドルは持ち上げられて落とされたが今日も財務相や中銀総裁の悲観的コメントや貿易収支の悪化で伸び悩み。ただNZドルはその豪ドルよりもやや弱い(豪ドルNZドルは豪ドル上昇NZ下落)。

 6月11日は政策金利決定。NZ首脳も結構、悲観的な発言を5月は繰り返していたなかでの最近のNZ強調推移であった。NZ紙でも住宅景気は続かないとウェストパックのエコノミストが触れている。

現在目立つのは60.0の買いでこれは大きい。

その前後は小さい。節目の注文がお好きな方が多い。

売りは61.50に少々だけ。

損切りはなし。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« お昼の豪ドル円、悲観的な財務相と中銀総裁 | トップページ | まもなく北朝鮮で裁判開始(米国人記者の) »

為替09年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼下がりNZドル円、昼上がりがいいか:

« お昼の豪ドル円、悲観的な財務相と中銀総裁 | トップページ | まもなく北朝鮮で裁判開始(米国人記者の) »