« ユーロスイステクニカル | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »

2009年6月 1日 (月)

豪ドルNZドルテクニカル

「豪ドルNZドルテクニカル」

5月20日の1.28台から1.25台へ下落。

先週は予算と財政赤字拡大、格付け、米国保護主義問題があったが、経済指標はおおむね改善していた(貿易、企業信頼感、住宅など)。それが指標の少なかった豪ドルより強含んだ要因だろう。

S&Pは格付け見通しを引き上げた。財政赤字拡大を危惧してこれまで格下げしてきたS&Pはさらなる赤字拡大を政府が発表したが逆に格上げした。よくわからない格付け会社である。ム-ディーズは最上級に据え置いたまま。ともあれ格上げもNZドルが豪ドルに

対して上昇した要因の一つでもあった。

今週はNZの指標はなく豪の指標は金利決定を含め多い。まずは経済指標の改善がないと始まらない。週末には中銀総裁の講演もある。

5日移動平均線はまだ下降中であるが反転に気をつけたい。ボリンジャーバンドでも下限にある。豪指標次第で豪ドルの反発があるだろう。

Ws000016_2 Ws000017_2 Ws000018_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロスイステクニカル | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドルNZドルテクニカル:

« ユーロスイステクニカル | トップページ | 今週の豪ドル相場:津田 »