« お昼のポンド円 | トップページ | 巨額財政赤字がボンド市場を活性化?:津田 »

2009年5月14日 (木)

お昼の豪ドル円、RBAは

「お昼の豪ドル円、RBA」

豪ドル円はまだ200日線上、雲の上、2月の55円から比べると強い。

それよりも目先だが、買いは71.50で大きいのだが、まだそのあたりには損切りの売りもあるので、ロングの売り圧力が感じられる。

普通の売りが少なくとも、損切りがあると潜在的な売り圧力はおかれている注文より大きいかもしれない。

売りは71.80から小さいものしかない。

もう忘れてしまっている人も多いが昨年10月から11月のRBAの0.60-0.63の介入は見事だった。一旦最初の0.7のせでは売ったという(商業ベース)とも聞くが。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« お昼のポンド円 | トップページ | 巨額財政赤字がボンド市場を活性化?:津田 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お昼の豪ドル円、RBAは:

« お昼のポンド円 | トップページ | 巨額財政赤字がボンド市場を活性化?:津田 »