« カナダ円テクニカル | トップページ | ランド円テクニカル »

2009年5月17日 (日)

ドルランドテクニカル

「ドルランドテクニカル」

19日にはムボエニ南ア中銀総裁講演がある。26日は1QGDP、27日のCPIを経て28日が政策金利決定となる。   将来的にインフレがまだ低下することと景気減速でまだ利下げ余地はある。

3月以来ドル安ランド高が進んでいたが先週その下降トレンドラインが破れ1ドル8.2-8.4のレンジから1ドル8.7まで上伸した。ボリンジャーバンドでも下限から中位へ進んでいる。上限は9.0あたりだ。

 一目均衡表の雲の下にいるが横ばい推移すれば雲の中に自然と入り、雲の上に出る可能性も高くなってくる。

移動平均線5日は反転上昇している。ドルランドの上昇もランド円の円高に拍車をかけている。Ws000019_3 Ws000020_3 Ws000021_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« カナダ円テクニカル | トップページ | ランド円テクニカル »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

野村先生
外為どっとコムさん関連や、こちらのブログ、
毎日、幾度となく拝見させていただいております。

為替に関係ない内容も、
ちょっとシャレがあったり、とても楽しいです。

所で、ユーロ/スイスで取引してるのですが、
来週、スイスの休みがあるようです。

1.5000付近で買いたいのですが、注意でしょうか。
介入なしでSTOPがたまってそうなので、1.5000切ると恐ろしい事になりそうで迷います^^;

投稿: sass | 2009年5月17日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルランドテクニカル:

« カナダ円テクニカル | トップページ | ランド円テクニカル »