« 夜はこれから | トップページ | スイス中銀、介入で外準増加 »

2009年5月26日 (火)

船頭小唄、ユーロ圏

「船頭小唄、ユーロ圏」

ウェーバー独連銀総裁は「現在の政策金利の水準は適切」とした。
ゴンザレスパラモECB理事は「金利の最低水準を1%に決定していない」
とさらなる利下げも示唆、また「6月の理事会から数週間以内に資産購入
を開始する見込みとした。

ユンケルユーロ議長はユーロ高は景気回復の妨げとなる。次回政策金利決定は6月4日。

ユーロの船頭達の講演スケジュールは以下の通り。

6(火)ノボトニーオーストリア中銀総裁、クルース欧州委員

27(水)スマギECB専務理事

28(木)リッカネンフンランド中銀総裁、ウェーバー独連銀総裁、グゲレルECB専務理事、アルムニア、クルース欧州委員、レーン欧州委員、

29(金)ルクセンブルグ財務相、トリシェ総裁

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜はこれから | トップページ | スイス中銀、介入で外準増加 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船頭小唄、ユーロ圏:

« 夜はこれから | トップページ | スイス中銀、介入で外準増加 »