« 夜のNZドル円 | トップページ | 深夜のランド円 »

2009年5月19日 (火)

豪ドルこれから

「豪ドルこれから」

暫くは豪の材料というよりは世界の株式市場はドル円の動向に連れる動きとなろう。その後は6月2日の豪中銀政策金利決定に焦点が移る。

現在政策金利は3%であるが今朝スティーブンス中銀総裁は他国の政府中銀首脳と同様に年末へ向けての景気回復の兆しがあることを認めた。また現在の政策金利が十分に低いとしたが、そうならば政策金利は底ということでさらなる利下げはないかもしれない。

 また今日は5月5日の金利据置時の中銀議事録が発表された。内容は以下の通りだ。
「世界経済縮小の最悪期は過ぎたかもしれない兆しがある。1Qの輸出は安定している。海外株式市場は堅調だ。国内外経済に回復の兆しがあるが本格的回復は年末前後になる。3月の小売りの状況は良好、4月はまちまちとなるだろう」
これだけだと6月2日も金利据置から利上げともなりそうだが「インフレ率は2%を割り込む見通し」ということで利上げは抑えられている。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜のNZドル円 | トップページ | 深夜のランド円 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドルこれから:

« 夜のNZドル円 | トップページ | 深夜のランド円 »