« カナダ円テクニカル | トップページ | ユーロスイステク、官製相場 »

2009年5月25日 (月)

ユーロポンドテクニカル

「ユーロポンドテクニカル」

英国が量的緩和、ECBが量的緩和に踏み込まずでユーロポンドが上げ、さらに英国1QGDP悪化でユーロポンドが上げ、ユーロ圏と独の1QGDP悪化で下げ、英国格下げで上昇した。

割と素直にニュースに反応するが値幅も大きくないのでそれほど大もうけは無理かもしれない。

一目の雲の下でポンドは現在ユーロに対し強い。

ただ5月14日からの下降トレンドを英国格下げ報道で一旦上抜いている。その後の伸びはなく微妙なところ。

移動平均線では5日がまだ下落中、21日、90日は緩やかに下落。

200日線は0.8655で上昇中で現在のスポット0.8790に近づいてきている。

ボリンジャーバンドでは下限一旦抜いたがまたバンド内へ戻している。

Ws000013_2 Ws000014_2 Ws000015_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« カナダ円テクニカル | トップページ | ユーロスイステク、官製相場 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロポンドテクニカル:

« カナダ円テクニカル | トップページ | ユーロスイステク、官製相場 »