« ドル円注文、景色変わる | トップページ | ユーロ円再度200日線に挑戦 »

2009年5月 5日 (火)

豪ドルついに上値ブレークしてきましたね?:津田

(豪ドル1年チャート)

Image001

(豪ドル円1年チャート)

Image003

いやはや先週ボリンジャーバンドの下限をテストしていた豪ドルは今週は打って変わってボバンドの上限テスト中。「昨年10月に80セント、80円から急落した相場であるから、今年中にまたスタートレベルに回帰する」とずっと言ってきたが、上がり出したら案外早いのかも?しかしこう言うとまたなかなか上がらない。まったく豪ドルは可愛い通貨である。
投機の動きが主流であるため”上がれば利食い”も出るだろう。本格的上昇にはドル円が100円を回復し、円キャリートレードの動きが再度活発化してくる必要があると思っている。

さて、本日のRBA理事会については当初0.25%程度の引き下げ予想が大半であったが、現在では据え置き予想が主流。
最近の世界的な株価堅調も金利据え置きの判断材料とされる可能性がある。ただ何度か指摘しているがラッド首相、スワン財務相、スティーブンスRBA総裁の3人は日本の白川日銀総裁と並ぶ超景気悲観論者であると思う。なぜだか必ずしも分からない。
三重野、速水両先輩のトラウマにとらわれる白川総裁は仕方がないにしても(?)なんで豪州当局はそうも弱気なのか?労働党が良くないのか?まさか回復期待が強まる世界の状況を見ていない訳ではないでしょうが。
いずれにしてもRBAの決断(日本時間午後1時半)が待たれるところ。今回据え置きとなると利下げサイクル終息に向かう可能性が考えらる。



「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社


|

« ドル円注文、景色変わる | トップページ | ユーロ円再度200日線に挑戦 »

2津田穣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円注文、景色変わる | トップページ | ユーロ円再度200日線に挑戦 »