« ユーロ円、熱狂の繰り返し | トップページ | 朝の豪ドル円注文 »

2009年5月22日 (金)

面白いポン円注文&チャート

「面白いポン円注文&チャート」

S&Pの格付けの影響は短命と昨日書いたがその通り戻ってきた。

これがムーディーズなら気をつけたい。S&Pにはデイトレ的反応でムーディーズならじっくり真剣にポジションを考えたい。

ポンド円は実体の何倍もある下ヒゲを残した。ながらく200日線に接していなかった唯一の通貨ペアだが現在200日線も152.32で背中が見えてきた。

注文の何が面白いというか特徴があるのは

150.20以上の損切りの買いが増えてきている。

もちろん普通の売りも多いが昨日まではなかった損切りの買いが登場してきた。

普通の売りは149.80から、150半ばで大きくなる。151.0も大きい。

ただ損切りと相殺するとたいした売りでなくなってくる。

買いは149.0からで148前半はびっしり。

損切りの売りなし。市場はショート気味か。

|

« ユーロ円、熱狂の繰り返し | トップページ | 朝の豪ドル円注文 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロ円、熱狂の繰り返し | トップページ | 朝の豪ドル円注文 »