« 入門 危機の体験2 | トップページ | ボルカーさんがいうなら本当だろう »

2009年5月 1日 (金)

数学の出来るのはニュージーランド人

「数学の出来るのはNZ人」 AFPより

高校生の理数系の学力が最も高いのはフィンランドとニュージーランド――30か国が加盟する経済協力開発機構(Organisation for Economic Cooperation and Development、OECD)が28日、このような報告書を発表した。逆に最も成績が低い国は、ギリシャ、イタリア、メキシコ、ポルトガル、スペイン、トルコだという。

 報告書によると、15歳の高校生の理数系の学力について、フィンランドとニュージーランドでは5人に1人が「高いレベル」に到達しており、逆にギリシャ、イタリア、メキシコ、ポルトガル、スペイン、トルコでは、「高いレベル」に達している生徒は20人に1人以下という。

 その一方で、理数系の学力が非常に高い生徒のうち、「理数系の職業には興味がない」と答えた割合は40%近くにのぼり、「理数系の勉強を続けたくない」と答えた割合にいたっては約45%にも達した。以上AFPより

80をわざわざ20×4と勘定するフランス人も数学が強いし、BNPパリバで同僚で元デリバティブストラテジストいまや「ブラックスワン」で米国のベストセラー作家となっているナシブタレブ氏の出身国レバノンも数学が得意そうに思える。

 


「野村雅道のID為替朝の作戦会議」FXマガジンにて執筆中
!


ご購読はこち らから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 入門 危機の体験2 | トップページ | ボルカーさんがいうなら本当だろう »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数学の出来るのはニュージーランド人:

« 入門 危機の体験2 | トップページ | ボルカーさんがいうなら本当だろう »