« 朝のドル円 | トップページ | 朝のポンド円 »

2009年5月12日 (火)

朝のユーロ円

「朝のユーロ円」

バーナンキ議長のストレステストについてのポジティブな発言で円売りが出ている。

不況円高、好況円安、という日本はなかなか面白い国だ。世界のポシティブなニュースは円売り、ネガティブは円買いとなっている。

132円後半は注文が細っている。売りも、損切りの買いもない。

132円前半で132.0に大き目の買い、ただ小さい損切りの売りも132.0である。

4月28日と5月6日の上昇ラインを下回って推移しているので一気に上げることはないだろう。まだ下降トレンドラインを引けないが、引ければそのラインを抜ければ買いとなる(当たり前か)。5日移動平均線が下向きとなり、その5日線のレベルで現在取引されている。

BIS総会でトリシェ総裁は回復の兆しと出口戦略について語った。ラガルド仏財務相の疑いもなく悪い1QGDPとは見据えている期間が異なる。

デイトレはラガルド、中期はトリシェで動く。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 朝のドル円 | トップページ | 朝のポンド円 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のユーロ円:

« 朝のドル円 | トップページ | 朝のポンド円 »