« 来週は南ア週間、南ア中銀総裁講演、資金流入あり | トップページ | 豪の財政赤字13.8% »

2009年5月20日 (水)

日米中は一心同体

日米中は一心同体、中国なんでもナンバー1へ

中国は日本の13倍の人口なのだから「三丁目の夕日的生活」を終えれば経済規模、その他諸々の経済関連指標はなんでも世界一になるのが自然だろう。既にGDP、外貨準備、貿易量、自動車販売は世界トップランクとなっている。

為替の仕手筋でもあるSAFE(中国国家外為管理局)によれば中国の海外金融資産は08年は前年比23%増の2.9兆ドルとなった。

一方債務は17%増の1.4兆ドルで海外純資産は31%増の1.5兆ドルとなった

海外純資産の世界一は日本であり、資産が1ドル100円として6.1兆ドル、負債が3.6兆ドルで純資産で2.5兆ドルで中国とは1兆ドルの差がある。

ただ外貨準備も90年代は中国は日本の5分の1程度であったが2000年代に並ばれ一気に抜き去られ現在の外貨準備は日本の倍となっている。純資産も抜きさられることとなろう。

ただ日中両国ともこのように膨大なドル資産があるので、まさしく米国と一心同体意である。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 来週は南ア週間、南ア中銀総裁講演、資金流入あり | トップページ | 豪の財政赤字13.8% »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日米中は一心同体:

« 来週は南ア週間、南ア中銀総裁講演、資金流入あり | トップページ | 豪の財政赤字13.8% »