« 悪いドル売りのウイルスに変化の兆し:水谷 | トップページ | 逃げ切れるか、NZ »

2009年5月22日 (金)

NZの今後

「NZの今後」

政策金利は6月11日、1QGDPは6月26日発表。

 来週は26日に4月貿易収支、27日に5月NBNZ企業信頼感指数、29日に住宅建設許可の発表がある。最近好調な輸出はどうか。スペンサーNZ中銀副総裁が指摘した住宅投資は底打ちしていないかどうかも証左される。そして6月11日の政策金利決定となる。

 またもっと先になるが6月26日には1QGDPの発表がある。NBNZによればリセッションは1Qに深刻化し、2010年まで続く見通しである。 1QGDPの予想は-1.2%。景況感や消費者信頼感、雇用統計、住宅市場関連指標などさまざまな経済指標が弱い内容となっていることを反映しているとしている。これで5四半期連続でのマイナス成長となる。ただどこの国もマイナス成長なので発表後の市場の反応も一時的だろう。

|

« 悪いドル売りのウイルスに変化の兆し:水谷 | トップページ | 逃げ切れるか、NZ »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 悪いドル売りのウイルスに変化の兆し:水谷 | トップページ | 逃げ切れるか、NZ »