« 豪ドル円注文 | トップページ | ランド円注文 »

2009年5月15日 (金)

NZドル円注文と見通し

「NZドル円注文と見通し」

 注文情報と見通しなど(見通しが外為どっとコム南十字星より一部抜粋したものです)

買いは560.に中位程度。それ以下は小さいものだけ。

売りや損切りは殆どない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

南十字星(NZ編)より

(レビュー)マチマチの指標だが中銀は悲観的

先週は良い兆しがあった。
*3月貿易収支が予想の2.5億NZが3.24億となったこと。3月としては2002年以来の大幅黒字。 輸出入ともに拡大している。
* もう一つは4月NBNZ企業信頼感指数が大幅改善したこと。

しかしNZ中銀スペンサー副総裁からの相次ぐコメントはネガティブなものであった。
「住宅市場が底打ちしたと見るのは時期尚早」「金融政策には引続き変更させる余地ある」「NZドルの上昇は持続すると思っていない」などであった。これもあってNZドルドルは0.61から0.59へ下落した。NZドル円は5月11日には61円もつけていたが、このコメントで58円から一時55円台まで下落した。

(見通し)穀物価格と株価動向

上述のNZ中銀総裁は悲観的な発言を行ったが、本日発表の3月NZ小売売上は前月比-0.4%と予想の+0.5%より大きく低下した。ただ除く自動車では+0.5%と市場予想の+0.1%を上回った。

 最近のBNZ企業景況感指数(日銀短観のようなもの)では3月の-27、4月はゼロ、5月は+23と大きく改善しているが、個人の消費意欲はまだしっかりしていないようだ。

 景気指標もマチマチの結果であった。
ただ食品価格の上昇は続いている。シカゴ先物市場での穀物価格が上昇している。背景には中国の需要がありニュージーランド農業を支えている。

 次回政策金利決定は6月11日である。景気指標より資源価格やNYの株価動向でNZドルは動くことになろう。ただNZ中銀がはやくもNZドルの水準に言及してきたことは注意したい。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪ドル円注文 | トップページ | ランド円注文 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NZドル円注文と見通し:

« 豪ドル円注文 | トップページ | ランド円注文 »