« 夜はこれから | トップページ | 夜のドル円 »

2009年5月21日 (木)

5時間労働の良き仕事=為替その2

「5時間労働の良き仕事=為替その2」

 午後6時の投稿の続きである。

最近でも東京が引けてから3時半から4時半に大きく動く時がある。

それは東京のディーラーの勤務時間が午前9時-午後3時半(含む1時間半の休憩)に制限されていた名残である。

東京の銀行は午後3時半を終われば取引の逐一を大蔵省(現財務省)に報告しなけらばならなかった。銀行のポジションから顧客の取引まで、それによって大蔵省は為替を管理していた。

 そのような煩雑な事をやるので取引できない。ブローカー経由の銀行間の取引きは3時半以降出来なかった。国内の銀行間での直接取引は日中でも認められていなかった。

東京が身動き出来ない時間帯を狙ってアジアの中銀が相場を動かしたのが東京引け後の4時ごろとなった。その習慣がまだ残っているのだろう。

現在でも日本株の取引が終われば為替ディーラーもほっと一息つきたくなる。

そこを狙うのがアジアの仕手筋であった。中東、スイス勢も加わった。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜はこれから | トップページ | 夜のドル円 »

為替09年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5時間労働の良き仕事=為替その2:

« 夜はこれから | トップページ | 夜のドル円 »