« 入門 危機の体験3 | トップページ | 入門=マイナー通貨情報は現地紙購読を »

2009年5月 2日 (土)

入門 危機の体験4

「入門 危機の体験4」

米国サブプライムの問題での景気後退では通貨においては変動相場制なので自動的に切り下げられ輸出業者の収益を回復させる。資金繰りでは基軸通貨の強みがあること、自国富裕層の資金注入、海外政府系ファンドの資金注入で対応している。

また今後同じような金融システム不安を起こさせないためにもG-7やFSF(金融安定化フォーラム=26カ国が参加)が工程表を作成し期限付きでリスク管理の強化を図っている。

ただ時間がかかったのであった。


「野村雅道のID為替朝の作戦会議」FXマガジンにて執筆中
!


ご購読はこち らから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 入門 危機の体験3 | トップページ | 入門=マイナー通貨情報は現地紙購読を »

外為入門」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 入門 危機の体験3 | トップページ | 入門=マイナー通貨情報は現地紙購読を »