« 休みのドル円注文 | トップページ | 休みのポンド円注文 »

2009年4月18日 (土)

ユーロ円注文、トリシェ&ロートで一致

「ユーロ円注文、、トリシェ&ロートで一致」

 平日も注文が一番少ないクロス円なので休日も殆どなく、偏りもない。

ポンド、豪ドル、NZ、ランド円はどこかいつも偏りがあり、それがヒントにもなるが、ユーロ円は注文情報では手がかりを与えてくれることが少ない。

5月7日の政策金利まで時間があり、多すぎるほどのユーロ当局者が利下げ余地あり、量的緩和ありと示唆している。騒ぎすぎるだけに公表後のショックも想定したい。織り込み期間で売るほうがいいかもしれない。

 3月12日にスイス中銀はスイス売り介入を行ったが、昨日のトリシェ総裁の講演もその方向性が伺えた。「ユーロは弱いとの主張は現在の状況を反映していない」。ロートスイス中銀総裁は昨日もスイス売り介入を示唆。

 通貨切り下げ競争は行わないというが、切り下げで輸出振興したい気持ち、通貨高でのデフレを避けたい気持ちはどこも同じ。今は米国がドル高でそれを吸収している。

日本は最大のデフレ国だが、対外的には何も言えない国なのでどうなるのだろう。


「野村雅道のID為替朝の作戦会議」FXマガジンにて執筆中
!


ご購読はこち らから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 休みのドル円注文 | トップページ | 休みのポンド円注文 »

為替09年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休みのドル円注文 | トップページ | 休みのポンド円注文 »