« 3月RBA理事会議事録:津田 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 »

2009年3月17日 (火)

年度末のうたた寝

「年度末のうたた寝」

年度末のうたた寝。

3月も下旬になると東京での取引は閑散となる。銀行はもちろん、企業も決算前に余計な収益のブレをなくそうとして取引を控えるからだ。

 今は電子ブローキング主体なのでそういう指示はないが、80年、90年代では3月下旬には銀行間の直接取引(ブローカーを通さない大口をさばくための直接取引)はドル円以外は中止となっていた。

 ドル円も出来るだけポジションを持たずに顧客のカバーに徹していたのが3月下旬である。今日はまだ下旬でないがそういうムードになっているのだろう。

 ただ在日外銀や海外は3月決算は殆ど関係ないので、いつもどおりバンバンやる。個人のFXも決算とは関係がない。

(余談=ということで決算をブラさないために静かにする緊張もあったが、後から考えると為替の収益くらいでは銀行の全体の損益はビクともしないというのがわかった。やはり銀行を揺るがすものは不良債権であった)


「野村雅道のID為替朝の作戦会議」FXマガジンにて執筆中
!


ご購読はこち らから

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 3月RBA理事会議事録:津田 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 »

為替09年3月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年度末のうたた寝:

« 3月RBA理事会議事録:津田 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:竜河 »